人気ブログランキング |

鉄道にどれだけ乗ったらどれだけお金がかかるのか…というコンセプトで約3年綴った「乗り鉄の経済学」はしばらくお休みします。3歳児を抱えて「ベビ鉄=赤ちゃん連れの鉄道旅」の修行中。
by jtyk
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
乗り鉄の経済学/北海道
乗り鉄の経済学/東北
乗り鉄の経済学/関東
乗り鉄の経済学/甲信越
乗り鉄の経済学/東海
乗り鉄の経済学/北陸
乗り鉄の経済学/近畿
乗り鉄の経済学/中国
乗り鉄の経済学/四国
乗り鉄の経済学/九州
乗り鉄の経済学/海外
総決算
回想列車
願い(東日本大震災)
雑談
新婚旅行
新婚旅行(実況)
胎教
育児日記
ベビ鉄(赤ちゃん連れの鉄道旅)
ママひとり鉄
絵本鉄
プラ鉄
最新の記事
2015年の思い出
at 2016-03-19 17:04
2014年の思い出
at 2015-01-11 19:34
2013年の思い出(日帰り出..
at 2014-01-25 23:48
2013年の思い出(6月〜1..
at 2014-01-16 12:38
西国分寺で、スーパーこまちを..
at 2013-06-07 09:00
以前の記事
2016年 03月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 10月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 04月
2001年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ママひとり、真夏のアバンチュール(2)湯西川温泉駅(2012.8.13)




お盆休み、実家の那須塩原まで帰省するのに
新宿から特急きぬがわ号に初乗りをし
さらに我が故郷のローカル線「野岩鉄道」に乗ってしまった私。


野岩鉄道に乗るのは、かなり久しぶりです。
おそらく妊娠7ヵ月の頃以来でしょう。
(2011.3.5 胎教vol.5)


4時間余りの長旅で、息子は若干むずかり気味でしたが
ママは1年半ぶりの野岩鉄道に、大興奮。
冷え切っていた乗り鉄の血がふつふつと沸き上がり。。。




翌日(8/13)、息子を置いて
アバンチュールに出かけることに決めました。


ジジババが息子の面倒を見てくれるので
安心してアバンチュールできます。
実家っていいなぁ。




いざ、最寄り駅へ。




a0163838_2295133.jpg

上三依塩原温泉口駅。
野岩鉄道の有名な秘境駅「男鹿高原駅」の隣です。

【1日平均乗車人員】
  ●男鹿高原駅=2人
  ●上三依塩原温泉口駅=45人

我が最寄り駅には駅員さんがいるし(パートタイムですが)
自動販売機もあるし、バスも1日6往復あるので
多少は栄えているのでしょうか。どんぐりの背比べですけど。

ちなみに最寄り駅まで、車で30分かかります。
故郷そのものが秘境なわけで。。




a0163838_22101844.jpg

9:59発の浅草行きの列車に乗ります。
深山と渓谷の中をトコトコ走る、単線列車。
いちおう電化されてはいますけど
本当に浅草まで行けるのかしらと疑ってしまいます。




a0163838_2211139.jpg

ふたつ隣りの「湯西川温泉駅」に到着。
生まれて初めて降り立ちます。
我が故郷から直線距離でせいぜい10km程度なのですが
山を越えて迂回する道しかなく、実質20~30kmは離れているので
なかなか訪れる機会がないのです。




a0163838_2211696.jpg

トンネルの中に吸い込まれていく列車。
浅草まで、おつとめ頑張ってね。




a0163838_2212420.jpg

北越急行の美佐島駅を想起させる、洞窟状の駅構内。
(美佐島駅の訪問記録はこちら)
   :
湯西川温泉駅は葛老山トンネルの中にあります。
ホームの端から外界の光は見えるのですが
ほとんど地下というか、地中です。
奥のエレベーターで地上に上がります(隣に階段もあり)




a0163838_22123768.jpg

地上に出てきました。湯の香ただよう駅名板。




a0163838_22122169.jpg

ずいぶんと立派な道の駅「湯西川」が併設されています。




a0163838_22132235.jpg

駅前に広がる、五十里(いかり)湖。
小学校のとき遠足で来たような記憶がよみがえりましたが
あれはバスですから。駅の訪問はやはり初めてです。




a0163838_22134625.jpg

水陸両用車で、五十里湖のクルージングができるそうです。
ただしこの日は水位が低くて営業中止とのこと。




a0163838_2213326.jpg

10:27発、会津若松行きのAIZUマウントエクスプレス号が
五十里湖の鉄橋(湯西川橋梁)を渡っていきます。
わずか十数秒ほどで、次のトンネルへと吸い込まれていきました。
   :
そもそも今回、なぜ湯西川温泉駅を訪問したのかといいますと
実はekishチェックインのためです。えぇ、それだけです。
今まで何回か湯西川温泉駅を通過しましたが
駅構内は圏外で、鉄橋でようやく電波がつながっても
すぐに次のトンネルに入ってしまうので
どうしてもekishチェックインができないのでした。
   :
ご参考までに申しますと
湯西川温泉駅を降りて(上って)地上に出ても
ソフトバンクは完全に圏外です。
まんずまぁ、田舎に行くならドコモだべ。
念のため2台持ってって正解でした。




a0163838_22152813.jpg

そんなわけで無事にekishを済ませて
旅をつづけます。

湯西川温泉駅から会津方面へ向かう途中のこと。
秘境駅「男鹿高原駅」は、夏休みのせいか賑わっていました。
小学生くらいの兄弟を連れたファミリーも含めて
十数名ほど駅構内にいたと思います。

これは大変!
男鹿高原駅の平均乗車人数がどんどん増えると
我が故郷のほうが秘境駅になっちゃうわ。。








…さらにアバンチュールはつづく…










にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
▲こちらに参加しています。ぽちっと押していただけると、うれしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
▲ベビ鉄の記録を残していきます。かなりユルい鉄道乗車記録ですが。。
by jtyk | 2012-09-16 22:17 | ママひとり鉄
<< ママひとり、真夏のアバンチュー... ママひとり、真夏のアバンチュー... >>