鉄道にどれだけ乗ったらどれだけお金がかかるのか…というコンセプトで約3年綴った「乗り鉄の経済学」はしばらくお休みします。3歳児を抱えて「ベビ鉄=赤ちゃん連れの鉄道旅」の修行中。
by jtyk
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
乗り鉄の経済学/北海道
乗り鉄の経済学/東北
乗り鉄の経済学/関東
乗り鉄の経済学/甲信越
乗り鉄の経済学/東海
乗り鉄の経済学/北陸
乗り鉄の経済学/近畿
乗り鉄の経済学/中国
乗り鉄の経済学/四国
乗り鉄の経済学/九州
乗り鉄の経済学/海外
総決算
回想列車
願い(東日本大震災)
雑談
新婚旅行
新婚旅行(実況)
胎教
育児日記
ベビ鉄(赤ちゃん連れの鉄道旅)
ママひとり鉄
絵本鉄
プラ鉄
最新の記事
2015年の思い出
at 2016-03-19 17:04
2014年の思い出
at 2015-01-11 19:34
2013年の思い出(日帰り出..
at 2014-01-25 23:48
2013年の思い出(6月〜1..
at 2014-01-16 12:38
西国分寺で、スーパーこまちを..
at 2013-06-07 09:00
以前の記事
2016年 03月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 10月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 04月
2001年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

金環日食、ちゃんと見てから登園よ♪




東名阪で同時に金環日食が観測されるのは
なんと平安時代以来だそうで。


世紀の天体ショー♪


東京では、午前7時32分。


我が家では、ちょうど保育園の登園時刻です。


いつもより早く支度を済ませて
抱っこひもに息子を収めて、日食グラスを片手に
今か今かとリングになる瞬間を待ちました。




a0163838_22141214.jpg

息子がブンブン頭を振って、手元がブレるので
何枚も撮りまくった末の1枚です。
日食グラスをレンズに当てて撮りました。




a0163838_22161587.jpg

東京で次に金環日食が観測できるのは、300年後だとか。
気が遠くなりそうな話です。

北海道では18年後に金環日食。北海道なら見に行けるかな。
そのころ息子は18歳…いったいどんな未来なんだろう…










にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
▲こちらに参加しています。ぽちっと押していただけると、うれしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
▲ベビ鉄の記録を残していきます。かなりユルい鉄道乗車記録ですが。。
[PR]
by jtyk | 2012-05-21 22:16 | 育児日記

八高線、乳飲み子にはまだ早すぎて(ベビ鉄:2012.2.24)

※ベビ鉄 = 赤ちゃん連れの鉄道旅(勝手に名前をつけました)




今さら、冬の話ですが…


実家の那須塩原@栃木へ帰る際に
八高線を経由してみたことがありました。




a0163838_11301286.jpg

拝島駅にて。
あれ? いつもと違う色だなぁ…と気づいたのか
八高線の車両に興味津々の息子。




a0163838_1130159.jpg

「次の高麗川では、20分停車しま〜す」

さすがだわ、八高線。
息子を抱っこして撮影タイム。




a0163838_1131090.jpg

高麗川〜高崎を走るディーゼルカー。
いっそ高崎まで行って両毛線で小山に出ようかしら。。
アバンチュールな気分でしたが、いかんせん、ベビ連れの旅。
離乳食とかオムツ替えとか、諸般の事情を鑑みて断念。




a0163838_1131411.jpg

電化された川越線と、非電化の八高線が
仲良く並んでる高麗川駅ホーム。




a0163838_11314180.jpg

川越から埼京線で大宮駅へ。
エキュートはあるし、オムツ替えもできるし。。
残念ながら、文明万歳。




a0163838_1132558.jpg

実家に帰ったら、猛烈な雪でした。。










┏━━━━━━━━━━━━
┃ 「ベビ鉄」の経験値
┗━━━━━━━━━━━━

【2/24】

 八高線・川越線・埼京線

 乗車時間:2時間少々

 移動距離:180km少々


 ※飛行機・バス・クルマは除外

└────────────








にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
▲こちらに参加しています。ぽちっと押していただけると、うれしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
▲ベビ鉄の記録を残していきます。かなりユルい鉄道乗車記録ですが。。
[PR]
by jtyk | 2012-05-19 11:32 | ベビ鉄(赤ちゃん連れの鉄道旅)

高熱、血液検査、即時入院… 試練の一週間(後半)

※今日は鉄道と関係のない内容です






4/17(火)朝、かかりつけの小児科で診察を受け
血液検査の結果「CRP値の異常」ということで
総合病院への入院を勧められました。


しーあーるぴー?


聞いたことのない数値です。
院長先生が「炎症反応」などと説明してくれましたが
いったい何のことやら、ポカーン。。


紹介状を書いてもらい、タクシーを呼び、総合病院へ。
その車中で、気になって紹介状の中身を盗み見たものの
CRPが何なのか、よくわからず。


旦那に電話すると「えっ? CRPが19.6?」と驚愕の模様。
さすが長年療養しただけあって、血液に詳しい旦那。
身体のどこかに炎症があるとCRP値が高くなるのだとか。


タクシーが総合病院へ到着すると
いろんな記憶がフラッシュバックしました。


5ヵ月前、昨年11月のこと。
息子が頭蓋骨を骨折して入院したのは
まさにこの病院だったのです。
(詳しくはこちら)


もう来ないぞと思っていたのに
また、来ちゃったね。。


あの日の記憶がよみがえる、小児ER(緊急外来)の待合室。
診察を待つベビーやキッズたち。どの子もぐったりしています。
息子はトリアージで「低緊急」と判断されたようで
1時間半ほど待たされました。


いざ診察。


熱は36℃台に下がっていましたが、ERのお医者さんにも
ボーッとした表情(無欲様顔貌)を指摘されました。

「お母さん、気がつきませんでしたか?」

 そう言われて、思わず涙。

「保育園が始まって間もなく、元気がなくなっちゃったので
 ずっと気になっていたんですが、まさかこんな…」

そう答えるのが精いっぱいでした。
もっと早く病院に来るべきだったのか。
手遅れだったらどうしよう。
本当にごめんね。


「もういちど血液検査と、念のための髄液検査をします」


処置室に、息子だけ連れていかれて
30分ほど待つことに。


ERの外に出て、携帯で「CRP」を検索すると
標準値0.5、数値が高い場合は敗血症、髄膜炎、小児がんの疑い…
検索すればするほど、目の前が真っ暗になってきました。


処置室に戻ると、点滴の管や心電図計をつながれて
あちこち絆創膏を貼られ、ぐったりと宙を見つめる息子。
私の顔を見てようやく泣き始め、私も涙。


お医者さんの説明によると、髄液検査は異常なし。
血液中のCRP値は16、朝に比べると下がっているものの
異常値には違いないので入院しましょう、と。
血液の細菌感染による「菌血症」の疑いがあるので
採った血を培養して調べるため3日ほど必要。
そこで異常がなければ、軽い気管支炎でしょう、と。


息子はベビー用のストレッチャーに乗せられて病室へ。
いろんな書類にサインし、あれよあれよと入院手続き完了。


旦那が追って、着替えやおむつなど入院用品を持ってきましたが
彼は病み上がりの身体のため、病棟内ではなく玄関前で待ち合わせ。
こんな状況で旦那まで再入院したらたまりません。
旦那の顔を見てホッと涙が出そうになりつつ
荷物を受け取り、さっさと追い返します。


夕食時、意外と美味しい離乳食が出てきました。
(ママちゃん空腹で、ちょっぴり味見)

あまり食が進まない息子にどうにか食べさせて
おっぱい攻撃で寝かしつけ、私は添い寝ベッドで仮眠。


病室は個室でした。感染症の疑いがあるためでしょう。
ドアがなくカーテンのみなので、プライバシーも防音もなし。
どこかの病室でベビーの心電図計に異変が起こると
ナースステーションのアラームが鳴ります。


ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン。。
一晩中、鳴り続ける電子音。
5ヵ月前にも、さんざん聞かされた音です。


息子の心電図計に異常はないか、ときどき確かめつつ
眠れないまま、悶々と考えを巡らせます。


あの時は、頭蓋骨骨折。
今回は、いったいどうなるんだろう。。


息子はいつ頃から、元気がなくなってきたんだろう。
少なくとも保育園の入園式までは元気だったはずだけど
その前から、動きが鈍かったような気もする。

4ヵ月半で寝返りして、成長が早いなぁと思ったけど
あれは頭蓋骨を骨折する前のこと。今となっては
はいはいも上手にできないし、自発的に動こうともしないし。
しかも小児科の先生に「頭が大きい」って言われたし。

どれもみんな、頭蓋骨骨折が原因…なのかな。

あの日、ベッドの柵を上げなかった私の不注意のせいだ。
骨折のせいで、息子がおかしくなっちゃったんだ。
全部、私が悪いんだ。。


考えれば考えるほど、涙が止まらず。






それから5日間、4/21(土)まで入院しました。


私はその間、付き添いベッドで寝起きしました。
息子のおしりふきで身体を拭き、洗面所で足を洗って。
なかなかサバイバルな付き添いでしたが
息子の命をお医者さんや看護師さんに預けていられるので
自宅で看病するよりも気が楽だったと思います。


24時間ずっと病室にこもって
息子と向き合う5日間。


今まで、まったく人見知りもなく
誰に預けてもニコニコしていた息子が
入院中、ずっと私に貼りついて離れないのでした。


点滴、採血、触診、鼻水吸引、蒸気吸入…


お医者さんや看護師さんが病室に現れると
顔を真っ赤にして号泣する息子。
しまいには可哀想に、声が枯れてしまいました。


ちょっとトイレに行こうものなら
この世の終わりとばかりに泣き叫んで。


どうしたの? ママがいないとダメなの?
いつも、ママがいなくても大丈夫だったでしょ?


抱っこして、なだめて、寝かしつけて。




a0163838_14391021.jpg

病棟内プレイルームのおもちゃを借りてきたのに
遊ぶ気力もなく、爆睡する息子。




a0163838_14393369.jpg

なかなか秀逸な、アンパンマンのおもちゃです。
ドキンちゃんの新幹線は300系?




a0163838_14394758.jpg

左腕に刺した点滴用の針を固定するために
頑丈なギプスを巻かれています。
身体につないだ小さな箱は、ポータブル心電図計。






ゆっくりと流れる時間の中で
息子の寝顔を見ながら
5日間、いろんなことを考えました。






…君は、人見知りが全然なかったんだよ。
 誰に対してもニコニコして。
 ママがいなくても、平気なのかな?って
 ちょっと心配したほどだったんだよ。

 どうせママなんて、おっぱい出すだけの人。
 そう思うと、ときどき淋しくて。

 でも、入院してから君は
 ママちゃんのことばっかり追いかけて。
 こんなに抱っこが好きになって。
 泣いて、泣いて、声まで枯れちゃって。

 君に、こんなに必要とされているなんて
 ママは初めて知ったよ。

 君は、君なんだ。
 ママには、君しか見えないよ。
 やっと、君だけを見れるようになったんだ。

 はいはいが出来ないとか
 つかまり立ちがまだできないとか
 周りのお友達と比べてばかり。
 バカなママでした。

 君のペースを信じて
 君だけの成長を見守っていくよ。

 今日もママのそばにいてくれて
 ありがとう。






回復した今だから言えるのですが
入院して良かったのかもしれません。
息子とじっくり向き合う、貴重な機会でした。


かねてからモヤモヤと心配していた
頭蓋骨骨折の影響(発達の遅れ等)についても
以前のカルテをもとに、主治医の先生に相談しました。
最終的には「大丈夫ですよ、お母さん」と
背中を押してもらい、ようやく霧が晴れた気分に。


途中、再び高熱を出してしまい
入院が長引く恐れもあったのですが
血液検査の結果、細菌感染は無かったので
ひとまず退院して自宅療養に。


4/24(火)外来の再検査で、CRP値が下がっていれば
保育園に行ってもOKと言われました。




a0163838_1441876.jpg

外来の待合室にて。
あれっ? つかまり立ち…いつのまに…(号泣




a0163838_14415117.jpg

入院中、コンビニ弁当ばかりの私を気遣い
旦那が唐揚弁当を手作りして、病院玄関まで届けてくれました。
私ひとりだったら、ここまで頑張れませんでした。感謝。








4/25(水)、保育園に復帰しました。










にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
▲こちらに参加しています。ぽちっと押していただけると、うれしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
▲ベビ鉄の記録を残していきます。かなりユルい鉄道乗車記録ですが。。
[PR]
by jtyk | 2012-05-08 14:44 | 育児日記

高熱、血液検査、即時入院… 試練の一週間(前半)

※今日は鉄道と関係のない内容です






4/13(金)午後3時、保育園へお迎えに行くと
息子が先生に抱っこされて、くたっとなっていました。
私の顔を見ても、なんか無感動な様子。


「熱はないので、ご連絡しなかったのですが
 朝からずっと元気ないんですよね…」


そう言って先生が、息子を引き渡してくれました。
抱っこすると9.6kgの肉の重みがずっしり。
息子の身体に力が入っていません。
あらら、もう眠いのかしら。


帰宅して、授乳すると、早々に撃沈。
あまりにも昏々と眠ってるので
夕食もお風呂もなしにして、寝かせました。


4月から保育園に通いはじめて第2週目。
月曜から金曜まで、頑張りすぎちゃったかな。






4/14(土)未明、夜泣き。
授乳すると、息子の口が熱いので、いやな予感。
体温を測ろうと思い部屋の電気をつけると
まぶたは目やにで覆われて、鼻水ズルズル、顔中ベタベタ。
熱は38℃半ば、救急病院に行くべきか悩んだものの
家庭の医学書を参照し、緊急度は低そうなので
しばらく様子を見ることにしました。


朝になって熱は37℃台に下がり
食欲もあるし、下痢や嘔吐もないし、大丈夫かな。
ひとまず今日はおうちで静かに遊ぼうね。


これが保育園の洗礼かぁ。。
さっそく風邪をもらってきちゃったかな。。


思い返してみると、先週の金曜日(4/6)は
保育園で熱を出して、お昼前に帰されたのでした。
その頃から、息子の調子が良くなかったかも。
いつもよりも笑顔が減った気がするし
ママ友ちゃんが遊びに来ても、泣いてばかりいたし。。


保育園では、月齢の近いお友達が
はいはいしたり、つかまり立ちしたりして
活発に遊んでいるのに、息子はいつも座ったまま。
入園前はもっとアクティブだったはずなのに
そういえば最近、なんか無気力になっちゃったなぁ。。
9ヵ月半だというのに、はいはいの両手が交互に出せなくて
上手に前進できない状態が続いているし。。


病気のことと、発達のことと、ごちゃ混ぜになって
モヤモヤと心配になってきました。


それでも、熱は下がりつつあるし
一晩ぐっすり眠ったら、明日にはきっと良くなるはず。






4/15(日)再び、38℃台の発熱。
おばあちゃんの一周忌で、お墓参りに行く予定でしたが
キャンセルせざるを得ませんでした。


息子は、離乳食と授乳のとき以外は、ずっと眠りっぱなし。
二重まぶたの彫りが深くなって、男前になったものの
眼がうるうるして、焦点が定まらない感じ。


明日の保育園は、お休みしよう。
そう決めて、かかりつけの小児科をネット予約。






4/16(月)朝、36.5℃まで下がったものの
解熱から24時間は登園を控えましょうと言われているので
保育園はお休み。小児科へと出かけます。


歩いて、モノレール乗って、また歩いて
小児科に向かう途中、息子の身体が急に熱くなってきて
診察室で熱を測ると39.3℃。うわぁ。。。


咳がひどくなってきたので、RSウィルスを疑われ
検査してもらいましたが、結果は陰性。
明日また来てくださいと言われ、抗生物質を処方されて帰宅。


昼食後、再び息子がぐったり。
体温計を首筋に当てただけで39.8℃を記録。
熱さましの坐薬、母子ともに初体験。
なるほど、こんなふうにグニュッと入れるのね。。






4/17(火)朝になると、また熱が下がって36℃台。
しかし昨日と違って、ほとんど食欲がない様子。
今までモリモリ牛のように離乳食を平らげていた息子が
2〜3さじ食べて、もう要らないなんて。。


9時、小児科で再診。
いつもの先生ではなく、院長先生が登場。
初めてお会いする、威圧感たっぷりのおばさま。


息子を一目みるなり、開口一番、


「頭囲を測りますよ」


 …えぇっ??


「アデノウイルス検査と、血液検査もしますので」


 …は、はぁ。。。


喉の粘膜をいじられて、採血の針を刺されて
息もできないほど号泣する息子。
頭囲を測るのも、ブンブン頭を振って拒絶しまくり。


頭囲って。。


赤ちゃんの脳が膨らんだり、頭に水がたまったり等の
病気があると聞いたことがあります。
確かに息子の頭はデカい。それは否めないけれど
まさか病気の可能性があるとは。。


待合室で悶々としているうちに
検査結果が出ました。



「お母さん、今日これから、入院できるかしら?」



頭の中が真っ白になってアワアワしている私に
院長先生が説明をしてくれました。


 ●頭囲→経過観察(ひとまず問題なし)

 ●アデノウイルス→陰性

 ●血液検査→CRP値19.6


どうやら血液中のCRPという数値が高すぎるのだとか。
標準値0.5だそうで、確かに19.6は異常です。
外来での加療は難しく、総合病院の入院をお勧めしますとのこと。
希望の入院先を伝えると、すぐに紹介状を書いてくれました。








…長くなりそうなので、いったん区切ります。






a0163838_1515102.jpg

昏々と眠りまくる息子。
春眠暁を覚えず…と、呑気に構えていたのですが。。




a0163838_1516127.jpg

診察から数時間後、入院先のベッドにて。










にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
▲こちらに参加しています。ぽちっと押していただけると、うれしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
▲ベビ鉄の記録を残していきます。かなりユルい鉄道乗車記録ですが。。
[PR]
by jtyk | 2012-05-01 15:16 | 育児日記