鉄道にどれだけ乗ったらどれだけお金がかかるのか…というコンセプトで約3年綴った「乗り鉄の経済学」はしばらくお休みします。3歳児を抱えて「ベビ鉄=赤ちゃん連れの鉄道旅」の修行中。
by jtyk
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
乗り鉄の経済学/北海道
乗り鉄の経済学/東北
乗り鉄の経済学/関東
乗り鉄の経済学/甲信越
乗り鉄の経済学/東海
乗り鉄の経済学/北陸
乗り鉄の経済学/近畿
乗り鉄の経済学/中国
乗り鉄の経済学/四国
乗り鉄の経済学/九州
乗り鉄の経済学/海外
総決算
回想列車
願い(東日本大震災)
雑談
新婚旅行
新婚旅行(実況)
胎教
育児日記
ベビ鉄(赤ちゃん連れの鉄道旅)
ママひとり鉄
絵本鉄
プラ鉄
最新の記事
2015年の思い出
at 2016-03-19 17:04
2014年の思い出
at 2015-01-11 19:34
2013年の思い出(日帰り出..
at 2014-01-25 23:48
2013年の思い出(6月〜1..
at 2014-01-16 12:38
西国分寺で、スーパーこまちを..
at 2013-06-07 09:00
以前の記事
2016年 03月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 10月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 04月
2001年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2010.9.12(3)結婚してよかった…海外の寝台列車、初乗り♪


┏ 
┣ ストックホルム中央駅 発 18:12 寝台列車 SJ94号
┣ ナルヴィーク駅 着(翌日)12:40 
┗ 


ストックホルム滞在は、たった1時間半。
駅前をつるっと一周しただけ。
滞在というか単なる乗り換えです。


5日後に再びストックホルムを訪れる行程なので
まぁいいや的な気分でした。


…5日後にあんなことになるなら
 もうちょっと頑張ったかもしれませんが…
 その件は、また追って…


18:12発の寝台列車に乗ります。
スウェーデン国鉄(SJ)夜行94号。
ノールランストーグ(Norrlandståget)という名前だそうです。
目的地は、終着駅のナルヴィーク@ノルウェー。


ナルヴィークはヨーロッパ最北端の鉄道駅。
北極圏内、フィヨルドの一端にある小さな港町です。
暖流のおかげで冬も稼働する不凍港だとか。


盲腸線を愛してやまない先端フェチの私にとって
そんなナルヴィークは聖地であります。
北極圏、欧州最北、最北、最北…
旅のプランを練りながら鼻血が出そうでした。


ストックホルム発ナルヴィーク行は
あまりにも遠いので、寝台列車しかありません。
しかも1日2本のみ(2010年9月現在)


海外はおろか、日本の寝台列車にも乗ったことのない
非鉄の旦那をいかにその気にさせるか。


まず、ヨーロッパ最北端の駅がノルウェーに存在することを
連日連呼し、記憶に刷り込みました。
やがて旦那は、職場でうっかり「ヨーロッパ最北の駅に行くかも」と
口を滑らせてしまい、後にひけなくなった模様。
ナルヴィーク行こうよ!と積極的になってきました。作戦成功♪


 「寝台列車って、どのくらい乗ってるの?」

 「18時間くらいかな」

 「…;」

 「上野から札幌に行くよりはちょっと遠いけど、大丈夫よ」

 「眠れるかな、俺…」

 「北斗星で練習してみる?」

 「…;」


いくらか不安要素を残しつつも、寝台OKいただきました。
スウェーデン国鉄のHPで、英語と格闘しつつ寝台券をネット購入。
ついに憧れの、海外寝台列車です。


ひとり旅に慣れた私ですが、寝台列車は日本でもドキドキします。
海外で寝台列車に乗るなんて一生ないだろうなと思っていましたが
人生、何が起こるかわからないものですね。
まして北欧なんて、そう何度も行ける地ではありません。


結婚してよかった。。。


これから積み重ねていく「よかった」のひとつですから
「よかった」は多いほうがいいのです。
新婚旅行、北欧で寝台列車に乗れて、よかったです。


a0163838_1139304.jpg

▲寝台列車が発車して、最初の停車駅で旦那が撮ったショット
 彼いわく「これが車止めでしょ?」 …いつのまに覚えたのね…




寝台列車は「3人コンパート」「6人クシェット」「普通座席」があり
コンパートがドアつきの1等寝台。昼間は座席で、夜は寝台になります。
青森〜秋田間で寝台特急「日本海」の座席に乗ったことがありますが
あんな感じで、座席使用時はちょっと窮屈な寝台車です。


私たちは「3人コンパート」の寝台でしたが
MONAさんという73歳のおばあちゃんと同室になり
つたない英語でいろいろ話をしました。
スウェーデンの英語教育とか政治意識とか、結婚生活の秘訣とか…
最後には住所も聞いて、絵はがきを送り合いました。


ひとり旅だと、旅先ではほとんど黙っているのですが
見知らぬ人との出会いもまた楽しいものですね。


以下、列車内の風景など。


a0163838_11394415.jpg

▲客車の先頭から機関車のおしりを激撮 寝台乗ったら基本です


   
a0163838_11395894.jpg

   ※参考※ 北欧でも国内でもやるこたぁ同じ…jtyk.exblog.jp/10204378/


a0163838_1140855.jpg

▲ナルヴィーク行きのサボ(行先表示ボード)


a0163838_1140311.jpg

▲コンパート車両の廊下 窓が大きくて開放感があります


a0163838_11404647.jpg

▲部屋番号 ベッドにお布団をのせた絵が1等寝台のマーク


a0163838_1141614.jpg

▲客車三段式! 鉄道博物館に置いてある20系客車を思い出します
 三段式に乗るのは生まれて初めてです


a0163838_1141252.jpg

▲座席使用時の視界はこんな感じ 壁がやや圧迫感あり


a0163838_11413916.jpg

▲寝台上段からの視界 洗面台がついているのはさすが1等車


a0163838_11415439.jpg

▲寝台上段はこんな感じ がっちり頑丈な転落防止ベルトつき


a0163838_1142988.jpg

▲毛布カバーは「SJ」ロゴ入りで素敵
 日本の寝台列車の「JR」ロゴ入り浴衣を思い出しました


a0163838_11422563.jpg

▲トイレの横に鉄道地図 これなら待つのも苦になりません


a0163838_11423945.jpg

▲座席使用時 リクライニングできないのが少々つらいです


a0163838_11425551.jpg

▲窓の外 北極圏が近づくにつれて景色も変わっていきます


a0163838_11431123.jpg

▲川なのか湖なのか、水辺の風景もあちこち見られました


a0163838_11432979.jpg

▲クラシカルな食堂車にて 供されるのは残念ながらインスタント食品ばかり






本当はこのまま順調な新婚旅行のはずでしたが
やがて、ロコモーティブがブロークンしてしまいます。


つづく。






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
▲こちらに参加しています。ぽちっと押していただけると、うれしいです。
[PR]
by jtyk | 2010-09-12 00:02 | 新婚旅行
<< 2010.9.13(1)実録…... 2010.9.12(2)高速列... >>